大会長ご挨拶

日本災害医療薬剤師学会第8回学術大会 大会長ご挨拶
 日本災害医療薬剤師学会 第8回学術大会を宮城県仙台市で開催いたします。

 日本災害医療薬剤師学会学術大会は研修会とは別に、日頃の活動または災害派遣の活動から得られた知見や提案を、共有しあう事によって事後に生かすことを目的とすることが重要であると考えています。つまり、参加し・発言することが始まりであり、臆することなく積極的な参加を期待しています。それぞれの立場で議論が交わされるのを楽しみにしております。

 会場は東北大学医学部 星陵オーディトリアム(東北大学医学部付属病院隣接)、 特徴のある取り組みを行っている事例のシンポジウムの他公募シンポジウムも設定しました、またポスターセッションを設けず一般口頭発表を拡大しました。普段の些細な取り組みや提案から行政を含めた組織的な取り組みまで多くの参加を期待しております。

 例年冬に実施している学術大会でありますが、3、11の時は寒い3月でした。寒くない仙台にも一度来て頂きたい、ある程度作り直した沿岸部も実際に見て頂きたい、普段の仙台も見て頂きたいと考えております。

 今大会を通じ知識・組織・意 識の融合となるよう組織委員一丸となって企画を進めてまいります。

 皆様のご参加をお待ちしております。
日本災害医療薬剤師学会 第8回学術大会    
大会長  高橋 文章    
(一般社団法人 宮城県薬剤師会 常任理事)